医療事務で働くときに確認したい求人の条件とは?

働きやすい環境が整っている業種

医療系の仕事の中でも、誰でも働けるのが医療事務です。医療事務の仕事は、患者の受付やカルテの整理、お会計、事務処理などが主な仕事です。そのため、特別な資格が無くても医療に携わることができるので人気の業種となっています。

何が違うの?一般職の事務との違い

人と接することが多い

医療事務の仕事は、主に医療機関に訪れる患者の受付です。そのため、人と接することがとても多いので一般事務とはまた違う楽しさがある業種でもあります。人と接する人が好きな人に向いている仕事といえるかもしれません。

残業がほとんどない

一般事務だと仕事内容によっては、月に決められた残業があります。しかし、医療事務は残業がほとんどなく病院が開く時間から閉める時間まで働くだけのところが多いので、お子さんのいる女性でも働きやすい環境になっています。

医療事務で働くときに確認したい求人の条件とは?

パソコンを操作する人

給料面のチェックは忘れずに

医療事務の求人を探すときは、給料面の確認を忘れないようにしましょう。医療事務は、病気を持っている人と接することが多い業種なので、万が一風邪などをもらったりして体調を崩したときに補えるほどの給料があるか確認してください。そうしないと、休む期間が長引けば長引くほど給料が下がってしまうので生活に負担がかかります。

残業の有無を確認する

給料だけでなく残業があるか、ないかの確認もしておきましょう。大きな病院となったら事務処理の数が多いので、残業があるところもあります。残業をできるだけしたくないというのなら、求人情報で必ず残業の有無を確認するようにしてください。反対にできるだけ給料を高くもらいたいというのなら、残業があるところを見つけることをおすすめします。

休みの日を確認する

ほとんどの医療機関は、土日祝が休みになっています。中には、水曜日や木曜日を休みにしているところもあるでしょう。また、お盆休みや年末年始などの休みもどれだけあるのか確認した上で、求人を探すのも重要なポイントになります。年間でどれだけ休みがあるのか事前に確認しておけば、働き始めたときの給料を計算しやすくなります。

病院内の雰囲気を確認

医療事務の仕事は、病院の顔でもある受付になるので働きたい病院の雰囲気を事前に確認しておきましょう。最近は、ネット上で病院が運円しているホームページで院内の雰囲気を確認できます。きれいなところなのか、どんな医師や看護師などのスタッフがいるのかチェックしておくことも忘れないようにしましょう。

働く前に求人の条件を確認しておくのは大事

どんな仕事にもいえることですが、働く前にどんな求人条件を出しているのか確認することは大事なことです。医療事務にもいえることなので、自分が働きたいと思える求人の条件なのかを確認した上で応募することをおすすめします。

広告募集中